食べる

浅草ホッピー通りの名店「正ちゃん」改装 「きたなシュランではなくなった」

店主の高島文雄さん

店主の高島文雄さん

  •  

 浅草寺近くの通称「ホッピー通り」外れにある居酒屋「正ちゃん」(台東区浅草2、TEL 03-3841-3673)が5月27日、新装開店した。

浅草名物「正ちゃん」の牛煮込み

 同店は1951(昭和26)年開業で、当時から継ぎ足すタレで煮込んだ「牛煮込み」が有名。著名人の常連も多く、デビット・ボウイがお忍びで来店したこともあり、「ホッピー通りに来たら正ちゃんへ行け」と言われるほどの人気店。店内カウンター10席、店先のテーブル約6席。今後は店先のテーブル数も増やし、以前のようにパラソルを立て日よけにする予定という。

[広告]

 戦後はホッピー通りもなく、同店向かいにあった「ひょうたん池」という人工の池の周りに屋台が集まり、「浅草の飲み屋街」といえばその屋台村だったという。同店もそのうちの1つで、屋台から店舗になったのは約45年前。「浅草の元祖煮込み」ともいわれている。

 「きたなシュラン」認定店でもあった同店は、規制が緩かった時代に増築し店舗面積を広くして営業してきたが「寺から苦情が来た」と、増築した分を道路に戻すために改装。「きれいになって『きたなシュラン』じゃなくなった」と笑う常連の声も。

 店長の高橋文雄さんは「うちだけじゃなく、再開発で浅草もどんどんきれいになっちゃって…。それでも煮込みストリート(ホッピー通り)は観光客に人気で『こんな場所、浅草にしかない』と来てくれる」と話す。平日の昼間でも満席になることもあり、常連客に混じって若いカップルの姿も。メニューには英語表記もあり外国人観光客にも対応している。

 主なメニューは「牛煮込み」「大根煮」「手羽先煮」(以上500円)、「肉じゃが」「谷中しょうが」(以上400円)、「もろきゅう」「冷やしトマト」「らっきょう」(以上300円)、「つぶ貝」(600円)、「おひたし」(200円)など。

 ドリンクは「生ビール」(550円)、「ホッピー(白・黒)」500円、「ウイスキーハイボール」「ジンジャーハイボール」(以上450円)、「焼酎お湯割り・水割り」「日本酒」「レモンハイ」(以上400円)など。

 営業時間は12時ごろ~22時(土曜・日曜=9時~20時)。月曜・火曜定休。