天気予報

16

5

みん経トピックス

蔵前にシェアハウス鳥越の手織り工房が6年

蔵前で参加型の写真展 まち歩きツアーで魅力発見

  • 0
蔵前で参加型の写真展 まち歩きツアーで魅力発見

写真家の土田凌さん

写真を拡大 地図を拡大

 蔵前のシェアスペース「マチナカ製図室」(台東区寿1)で12月14日から、参加型の写真展「街をシェアする写真展」が開かれる。

蔵前ののれん店で撮影した写真(撮影=土田凌)

 「生涯を共にする写真家」として主に人物のポートレートを撮影する、写真家の土田凌さんを招く写真展で、同施設が主催する初の企画。まち歩きで出会った人や風景の写真を撮影して新しいまちの魅力を発見する過程を、参加者が体験するプログラムを用意する。蔵前でオープン予定のシェアハウス「ノイエクラマエ」(寿1)と、ゲストハウス「東京ひかりゲストハウス」(蔵前2)が協賛する。

 12月10日に行うまち歩きツアーで、土田さんと参加者が蔵前のスポットを巡り写真を撮影。選んだ写真50枚を展示する。土田さんの写真30枚のほかに、参加者も一人につき2枚、自分が選んだ写真を展示できるという。

 10日のツアーでは「三筋湯」(銭湯)、「デイリーズマフィン」(マフィン専門店)、「焙煎処 縁の木」(コーヒー店)などのスポットを訪れ、普段なかなか入ることができないエリアに入り、写真撮影やコーヒーの焙煎(ばいせん)体験も行う予定。ツアー先は「東京ひかりゲストハウス」が主に考案。「観光で来るだけでは分からない蔵前の裏側や、住む人にスポットを当てた内容になっている」という。

 「まちをテーマにした写真展は、自分としても初めてなのですごく楽しみ。写真を撮りながら、そこで働く人の考え方や人柄、空気感を知ることができれば、自分のまちがもっと好きになるはず」と土田さん。「参加者それぞれが『好きな蔵前』を、みんなで写真展を開くことでシェアしたい」とも。

 写真展開催時間は13時~17時。15日は土田さんのトークイベント、17日は後夜祭も予定(開催時間はともに19時~21時)。17日まで。まち歩きツアー開催日は10日(サイトから要予約)。一部のイベントを除き参加無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング