食べる

蔵前の家系ラーメン店「寿三家」が6周年 ー「六角家」の姉妹店

「寿三家」店主の安達勝俊さん

「寿三家」店主の安達勝俊さん

  •  
  •  

 大江戸線蔵前駅から徒歩1分の家系ラーメン店「寿三家(ことみや)」(台東区寿3、TEL 03-3841-7382)がオープンして6年を迎える。

寿三家のラーメン(並)650円

 「家系御三家」である「六角家」で8年間修行を積んだ店主の安達勝俊さんは、以前兄弟子が営んでいた「蔵前家」を引き継ぎ、地名である寿3丁目から店名を「寿三家」とした。

[広告]

 使用する麺は「酒井製麺」のもので、御三家「吉村家」「本牧家」「六角家」から認定された直系、または姉妹店しか使用を許されていないという。

 「家系」といえば濃厚なとんこつしょう油ラーメンが一般的だが、同店では「とんこつが苦手な人でも食べてもらえるように」と、とんこつと魚介のダブルスープの「中華そば」も提供。場所柄、外国人観光客も多いため、英語でラーメンの種類などを説明したものが用意されている。

 メニューは「ラーメン 並」「中華そば 並」(以上650円)、「特製チャーシュー麺 並」(900円)、「ギョーザ」(350円)、「ライス」(150円)、「葱(ねぎ)ちゃ飯」(280円)など。トッピングは「薬味ネギ」「のり増しハーフ3枚」「キャベチャー」「生ニラ」(以上100円)、「のり(ハーフ+半熟味玉」「メンマ」(以上150円)など。ドリンクは「生ビール」(小=350円、中=500円)。

 今後について安達さんは「弟子が店を任せられるようになってきたので、もう1店舗出したい」と意欲を見せる。「もっとインパクトのあるラーメンを追求していきたい」とも。

 営業時間は11時~15時、17時~23時(土曜は21時まで)。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加