浅草寺で明かりのアート「浅草燈籠会」 ー浅草寺を幻想的にライトアップ

幻想的なライトアップが楽しめる

幻想的なライトアップが楽しめる

  •  
  •  

 浅草寺境内周辺(台東区浅草2)で9月13日、「浅草燈籠会(あさくさとうろうえ)」が開催される。8回目を迎える今年のテーマは「彩る」。企画は台東区の活性化を図るため台東区内の働く女性たちで結成された「ウイメンズパワー」。

 同イベントは、企業をはじめ地元の学生や児童、町会や商店街、そのほか一般から寄せられた絵や俳句を描いた燈籠300基が配置され、秋の夜長と共に幻想的なライトアップを楽しむ明かりのアートイベント。燈籠は一つひとつ異なる絵や俳句、メッセージが描かれており、京都造形芸術大学の学生による作品も寄せられた。

[広告]

 展示箇所は、浅草寺本堂、影向堂、淡島堂から花やしき通りまで。初日の点灯式は浅草寺本堂前で行われ、弾き語りや子どもによる三味線ライブも予定されている。

 点灯時間は日没~21時30分。今月27日まで。

  • はてなブックマークに追加