見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

浅草に「屋内」キャンプができる宿泊サービス テント泊、山小屋体験も

宿泊施設内

宿泊施設内

  •  
  •  

 東武スカイツリーライン浅草駅近くの総合観光施設「Japonica Lodge(ジャポニカロッジ)」(台東区花川戸1、TEL 03-6802-7495)が11月18日、屋内キャンプができる宿泊サービス「東京ベースキャンプゲストハウス」を始めた。運営は観光創造ラボ(台東区)。

使用するテントは選べる

 「日本のアウトドアメーカー製品とアウトドアに興味がある旅行者をつなぐ」ことをコンセプトにした同サービス。アウトドア体験推進施設として、テントや寝袋などの登山用品を使って宿泊する。世界的にも珍しい「屋内キャンプ場型」で、天候に左右されずに利用できる。

[広告]

 同施設は近年増加する日本の自然地域に興味を持つ訪日外国人旅行者、キャンプや山小屋宿泊の体験希望者に対応。インバウンド観光の活性化を視野に、実験的な意味を持つ宿泊サービスとして始めた。宿泊に必要なテントや寝袋、マットなどのアウトドア用品は全てレンタルが可能で、使った用具類は購入もできる。

 併設するアウトドアショップと日本茶カフェでは、地方の自然地域情報も発信。旅行者が道具の入手や情報収集を同時に行うことで、目的地までスムーズにアクセスできるよう設計しているという。代表の赤穂雄磨さんは「山小屋など地方の自然施設とも連携して観光を結びつけたい」と話す。登山を目的にした外国人観光客も増えていることから、「外国人向けの登山地図やガイドブック、パンフレットも作りたい」とも。

 宿泊料金は、山小屋スタイル、テント泊スタイル=各2,500円~(アウトドア用具レンタル料含む)。アメニティー代は別途。

 チェックインは12時~20時。チェックアウトは11時まで。

  • はてなブックマークに追加