食べる 買う

浅草橋にインテリアとDIY特化型カフェ 地域に根付く店目指す

店長の加藤陽介さん

店長の加藤陽介さん

  •  

 JR総武線浅草橋駅近くに「友安製作所カフェ」(台東区浅草橋1、TEL 03-5809-1384)がオープンして3カ月がたった。運営は友安製作所(大阪府八尾市)。

 自社の強みを生かし、インテリアとDIYのニーズに応える同カフェ。壁紙やウォールステッカー、タイルシール、カーテンなど、同社オンラインショップで取り扱う商品を展示販売するほか、ワークショップやスペース貸しにも対応する。

[広告]

 店舗面積は約100平方メートル。席数はテラス席6席を含む計41席。内装やインテリアにこだわる店内は、至る所に自社製品を展示する。店長の加藤陽介さんは「商品の実際の色やサイズの確認ができる。部屋のコーディネートの参考にしてもらえれば」と話す。同社オンラインショップで商品を購入した客が来店することもあるという。

 ロフトはDIYスペースとしても機能し、これまでに、壁紙の貼り方講座、ウインドーフィルムで作るフォトフレーム作り、ティッシュケースに壁紙を貼ってデコレートするワークショップなどを行ってきた。3月には、厚紙で組み立てた箱に布や紙を貼って作るフランスの伝統的な手芸「カルトナージュ」の講座を予定している。

加藤さんは「ワークショップはDIYの楽しさと手軽さなどを知ってもらうことが目的。浅草・蔵前・浅草橋のものづくりや問屋文化を一緒に盛り上げたい」と意気込む。

 店内はこのほか、閲覧自由のインテリア関連書籍ライブラリーも備える。加藤さんは「コーヒーを飲みながら本を読んでゆっくりしたり、インテリアやDIY好き同士が集まって語り合ったりしてもらえたら」と呼び掛ける。

 メニューは、有機ブレンド、アールグレイ(以上400円)、サッポロ黒ラベル、ハウスワイン、ハイボール、チリコンカン、友安ポテトサラダ(以上500円)、ししゃもバジルチーズ焼き(680円)、ローストビーフ(1,280円)など。ランチはスープ、サラダ、ドリンク付きで850円~。

 加藤さんは「今後は地域の取り組みやイベントなどにも積極的に参加し、地域に根付く店を目指したい」と意気込む。

 営業時間10時~22時(日曜は17時まで)。