天気予報

30

26

みん経トピックス

浅草橋でミネラルマルシェ浅草と空港結ぶシャトルバス

浅草のイタリアンレストランで伊産サラミフェア 生ハム食べ放題も

  • 0
浅草のイタリアンレストランで伊産サラミフェア 生ハム食べ放題も

「普段はこの価格では提供できない」とSALUMI(サルーミ)の5種盛りを薦めるシェフの斯波順一さん

写真を拡大 地図を拡大

 浅草寺近くのイタリア郷土料理店「ブラカリ」(台東区浅草3、TEL 03-6379-3367)で現在、イタリアサラミフェア「SALUMI AMO(サルーミ・アーモ)」を開催している。主催はイタリア・サルーミ普及促進協会(イタリア)。

期間限定の生ハムサラミ5種盛り合わせスペシャルバージョン

 イタリア大使館貿易促進部が選んだ日本のイタリアンレストラン40店舗で同時開催する同イベントは、イタリア大使館が指定する食材を使う。サルーミ食品の普及を目的に、DOP/IGP認定の同国産サラミ製品を使ったメニューを期間限定で提供する。

 SALUMI(サルーミ)はイタリア語で「ハム」「ソーセージ」「サラミ」など食肉加工食品全般の総称で、塩(SALE=サーレ)に由来する。台東区で唯一選ばれたという同店もサルーミを使った特別メニューで参加する。同店社長の佐久間雄平さんは「イタリアから直輸入したハムや食材でイタリア人も納得する味を目指す」と話す。

 期間中、来店客にSALUMIの詳細を書いた小冊子を進呈するほか、イタリアで最高レベルとされるLEVONI社の生ハム「ドンロメオ」の食べ放題(1,600円)を提供する。シェフの斯波順一さんは「通常はできない採算度外視のメニュー。食べ慣れている人にも驚かれるほど」と自信を見せる。

 「革靴生産」で栄えたエリアにある同店には革製品製造業に携わる客も多く、イタリア革のつながりで同国へ訪れたことがある人は、同店の味に懐かしさを思い出す人もいるという。浅草で生まれ育った佐久間さんは「イタリアの郷土料理をベースに浅草を盛り上げていきたい」と意気込む。

 期間中の主なメニューは、LEVONI社の生ハムサラミ5種盛り合わせスペシャルバージョン。(1,800円)、生ハムを使ったタリアテッレのパパリーナ風(1,600円)、生ハムとパルミジャーノのジェラート リンゴ風味バルサミコのチャルダ添え(650円)、ランブルスコ微発泡ワイン(甘口、辛口=各500円)など。

 営業時間は11時30分~14時、17時45分~21時30分。月曜定休。同フェアは今月26日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング