3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

浅草ROXに「くら寿司 グローバル旗艦店」1号店 世界共通の新ロゴ初導入も

大きなちょうちんが目を引く、天井高の店内

大きなちょうちんが目を引く、天井高の店内

  • 212

  •  

 浅草ROX 4階に1月22日、回転ずし店「くら寿司 浅草ROX店」がオープンした。運営はくら寿司(大阪府)。

箸やスプーン、緑茶粉末、調味料などはテーブルに「格納」

 同社初のグローバル旗艦店第1号となる同店。「観光(Sightseeing)」と「食事(Eating)」を同時に体験できる「サイトイーティング(SightEating)」をコンセプトに、「ジャパンカルチャー発信型」店舗として出店した。

[広告]

 東京オリンピック・パラリンピックが開催される今年は、訪日外国人観光客数も増えることが予想され、日本文化と共に和食にも注目が集まることから、同社では「第二の創業期」と位置づけ、国内有数の観光地「浅草」に出店したという。「回転ずしの素晴らしさを国内のみならず海外にも広める改革」と同社。

 インバウンド対応強化策として、外国語対応スタッフはユニホームに可能な言語をプレートで提示。円滑な接客のため、104言語に対応する音声翻訳機も導入し、注文用のタッチパネルは日本語と英語、中国語(簡体字)、韓国語の4カ国語で対応する。

 店舗面積は約843平方メートル(255坪)。同社の一般店舗と比較し約2倍の広さを確保したという。席数は約1.4倍でボックス44、カウンター8、合計272席とした。壁面は和を意識し、取り囲むようにちょうちんを装飾。浮世絵や面のほか、射的と輪投げを体験する「縁日スペース」も設置した。

 開店に合わせ、世界共通の新ロゴマークも導入した。クリエーティブディレクターの佐藤可士和さんが監修し、店内装飾とスタッフユニホーム、食器類にも新ロゴを使う。グローバル展開に向けブランド認知の統一化を目指し、国内各店とアメリカ、台湾で順次展開する予定。

 浅草を初出店に選んだ理由として、広報宣伝IR本部長の岡本浩之さんは「グローバル旗艦店として日本を代表する観光地で、海外からの観光客が多い立地に最適な物件があった」と話す。「来店客がSNSで発信し、それを見た人が来店する。人を呼べる店舗として地元との共栄共存していきたい」とも。

 入店は浅草ROX館内と、施設1階南側にある専用の直通エレベーターを活用。「自動案内システム」を採用し、入店時にタッチパネルを操作してチェックインすると、空席状況に合わせ自動で座席番号を案内する仕組み。座席では客自身のスマートフォンでも注文可能で、3月以降に「自動会計」の稼働を予定する。

 オープンに合わせ記念メニュー「祝の華海老」(110円)を、1月28日まで同店を含む国内一部店舗限定で合計1万皿を提供する。

 営業時間は11時~23時。

Stay at Home