買う

浅草に老舗豆菓子専門店 限定の新スイーツは賞味期限3分、インスタ映えも狙う

スタッフみんなで詰めたという店内ディスプレーの前で「豆ポーズ」をする青木幹子さん(右)、渡部夏花さん(真ん中)、関口美優香さん(左)

スタッフみんなで詰めたという店内ディスプレーの前で「豆ポーズ」をする青木幹子さん(右)、渡部夏花さん(真ん中)、関口美優香さん(左)

  • 14

  •  

 浅草公会堂近くに豆菓子専門店「豆徳 浅草店」(台東区浅草1)が2020年12月21日、オープンした。運営は徳永製菓(広島県)。

賞味期限は3分、MAMERON BAR ストロベリー

 「豆・ナッツの新しい魅力を探求する豆菓子専門店」として開業した同店。懐かしい豆菓子からカラフルでフルーツ風味の豆やナッツなど40種を超える商品を陳列する。新たな豆やナッツスイーツの発信をコンセプトに展開するという。

[広告]

 スタッフの青木幹子さんは「売れ筋商品はもちろん、幅広く受け入れられる品ぞろえを意識した」と話す。開店直後から近隣に住む年配のリピート客が増え、「味付けの提案をもらうこともあり、開発のヒントになる」という。

 豆菓子を若年層にも知ってもらおうと、同店オリジナルの企画商品も展開。スティック状のもなかに色とりどりのナッツをのせたスイーツ「MAMERON(マメロン)」を限定で提供する。青木さんは「試行錯誤の繰り返し。インスタ映えを狙っています」と笑う。「賞味期限は3分。早くお召し上がりください」とも。当初はイートインメニューの計画だったが、ウイルス感染防止のためテークアウトで対応する。

 青木さんは「リピーターさんが増えてうれしい。早く浅草になじんで、多くの人に足を運んでもらえる店にしたい」と意気込む。

 主な商品は、「MAMERON BAR」(ストロベリー、抹茶、ティラミス=各350円)、「カマンベールちーず豆」(378円)、「ペペロンチーノ豆」(324円)、「りんごくるみ」「キャラメルピーカンナッツ」(以上540円)など。

 営業時間は10時~17時。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース