天気予報

14

5

みん経トピックス

浅経1位は東武新型特急浅草経済新聞が「紙」版発行

浅草のフレンチレストランがおせち料理販売 基本の「保存食」を踏まえ

浅草のフレンチレストランがおせち料理販売 基本の「保存食」を踏まえ

オーナーシェフの岡部勝義さん

写真を拡大 地図を拡大

 浅草寺二天門近くのフレンチレストラン「et vous?(エヴ?)」(台東区花川戸2、TEL 03-6796-7601)が現在、100食限定のおせち料理を販売している。

丁寧に飾り付けるおせち料理

 フランス料理をベースに、「保存食」とされる日本のおせち料理の基本を踏まえた同商品。店のコンセプトである「食べてきれいになる」をテーマに、薫製や酢漬けなど調理技法を駆使し、日持ちするよう仕上げるという。

 2014年の年末から企画・販売を始め4回目となる今年は、オーナーシェフ・岡部勝義さんの看板メニュー「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」のほか、「栗きんとんのクレープ包み」「ガトーショコラ」など、全13品を2段の木箱に詰める。

 販売を始めた初回は限定30食としたものの、口コミで評判が広まり、リピーターが増加。毎年販売数が伸びていることから、今年は100食を用意し、予約も順調だという。

 岡部さんは「正月は大切な人と集まる機会。買った人が大切な人に振る舞い、誇らしく思えるようなおせち料理を作り、来年以降も継続したい」と話す。

 価格は2万1,600円。受け渡しは12月31日。

グローバルフォトニュース