見る・遊ぶ 暮らす・働く

浅草エリア発着の鉄道各線が終夜運転 多様化する年越しスタイルに対応

浅草エリアを南北に結ぶ都営浅草線

浅草エリアを南北に結ぶ都営浅草線

  •  

 毎年多くの初詣参拝客でにぎわう浅草エリアで大みそかから元日にかけ、鉄道各路線が終夜運転を行う。

浅草橋駅や蔵前駅が最寄りの「鳥越神社」

 中心エリアにある「浅草寺」「浅草神社」の最寄り駅である、浅草駅を発着する東京メトロ銀座線は、「浅草~上野」間を約7分間隔、「浅草~渋谷」間を約15分間隔で運転する。東武スカイツリーラインは約35~60分間隔で、「浅草~竹ノ塚」間を折り返し運転する。

[広告]

 新御徒町から南千住を通るつくばエクスプレスは、最終から始発の間に上下線で各3本の臨時列車を運行する。南北に浅草から蔵前・浅草橋方面を結ぶ都営浅草線は、約30分間隔で、京成線との直通運転を行う予定という。

 1360年余の歴史と伝統を持つという「鳥越神社」のある蔵前・浅草橋エリアでは、東西に蔵前駅から新御徒町駅を通る都営大江戸線が約30~40分間隔、JR総武線各駅停車が浅草橋駅を約20~50分間隔で運行する。

このほか、酉(とり)の市でにぎわう「鷲(おおとり)神社」に近い、入谷駅や三ノ輪駅を通る東京メトロ日比谷線は、約30分間隔での運転を予定している。

 浅草エリアの鉄道各社では、多様化する近年の年越しスタイルに対応することで郊外からの移動需要も見込む。