見る・遊ぶ 学ぶ・知る

上野駅に「シンカリオン」基地が出現 「速杉ハヤト」の構内放送や撮影スポットも

迫力のシンカリオン

迫力のシンカリオン

  •  

 JR上野駅(台東区上野7)の新幹線コンコース地下3階で現在、「上野 シンカリオンステーション」が開催されている。主催は東日本旅客鉄道東京支社。

シンカリオンのアーケードゲーム「超シンカバトル」の無料体験コーナー

 テレビアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」の基地を再現した同企画。会場では、同アニメの第1話と第2話を大型モニターで放映するほか、ストーリーを追って楽しむ名場面パネル展、5分の1スケールのシンカリオン展示、キャラクターとのフォトスポットを設置している。

[広告]

 「新幹線変形ロボ シンカリオン」は、正体不明の巨大怪物体に立ち向かうため、新幹線をベースに開発したロボという設定で、JR東日本の実在の新幹線がロボットになるキャラクターとして登場する。

 会場内では、シンカリオンE5はやぶさ運転士で物語の主人公「速杉ハヤト」の構内放送も展開。シンカリオンの前で記念撮影した子ども各日先着 500 人に「超シンカバトルカード・スペシャルバージョン」を進呈する。

 営業部販売課宣伝グループの山本史子さんは「お盆の帰省シーズンも開催しているので、シンカリオンを一目見て、上野駅から新幹線で出掛けてほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10 時~16時。入場無料(ただし、新幹線に有効な切符もしくは、おとな=140 円、こども=70 円の駅入場券が必要。上野駅まで在来線や他社線利用は要別途運賃)。