食べる 買う

蔵前に中国茶専門店-厳選した中国茶を茶芸師が詳しく説明

代表の徐軼さん(右)と茶芸師のニコさん

代表の徐軼さん(右)と茶芸師のニコさん

  • 0

  •  

 都営地下鉄蔵前駅近くに「リリーの薔薇園」(台東区蔵前3、TEL 03-5829-8548)がオープンして1カ月がたった。

 スタッフ全員が国家資格である「茶芸師」の資格を持ち、中国茶を詳しく説明。試飲では優雅な作法を見ることができる。

[広告]

 代表の徐軼(じょいつ)さんは6年前に日本に仕事で来日し、昨年新会社・エルケー商事を設立。中国茶や雑貨の輸入販売を行ってきた。「日本ではまだ中国茶は一般的とは言えない。健康に良く奥が深い中国茶を、もっと気軽に楽しんでもらいたい」と話す。

  同店は厳選された有機プーアル茶や台湾茶、中国茶器、シルク・竹繊維スカーフなどを扱うほか、2階のカルチャールームでは中国茶を学びながら楽しめる茶会を開く。茶会が開催されない日はレンタルスペースとしての使用が可能。

 茶芸師のニコさんは「これからもっと暑くなるので、解熱作用がある菊花茶がおすすめ。美肌効果と眼精疲労にも効く」「阿里山金萱(ありさんきんせん)は、見た目は日本の緑茶と変わらないが、甘い香りと味わいが特徴」とアドバイスする。

 主な商品は「有機プーアル茶」(2,500円)、「有機プーアル茶プレミアム」(3,000円)、「菊花茶」(800円)、「阿里山金萱」(1,400円)、「フルーツティー」各種(1,000円)、「おためしセット」(500円)など。茶器は2,000円台から取りそろえる。

 営業時間は10時~18時。日曜・祝日定休。