天気予報

25

18

みん経トピックス

台東の木本硝子がグランプリ浅草橋で廃墟と工場の写真展

浅草に「マンガ肉」の店 「ガンダムカフェ」立ち上げメンバーが独立

浅草に「マンガ肉」の店 「ガンダムカフェ」立ち上げメンバーが独立

合羽橋でオーダーしたマンガ肉のオブジェ

写真を拡大 地図を拡大

 つくばエクスプレス浅草駅近くのダイニングバー「骨付き肉とお酒の店 maru 浅草」(台東区西浅草2、TEL 03-6231-7537)がオープンして2カ月がたった。運営はアルファダイニングス。

マンガ肉

 マンガに登場するような「マンガ肉」やショートリブなど、豪快な骨付き肉を中心に構成するメニューの同店は、「ガンダムカフェ」を立ち上げた丸茂宏さんがバンダイから独立してオープン。「あの漫画だ、あのゲームだ」と、見る人それぞれに思い出があることが楽しくて「マンガ肉」を作ろうと思ったという。店舗面積は約24平方メートル。座数はカウンター4席、テーブル10席。

 メニュー開発は、同じく「ガンダムカフェ」のメニューを担当するフードプロデューサー前田信一さん。「よくあるマンガ肉はハンバーグに薄い肉を巻いたものが多いが、マンガ肉といったらちゃんと肉にしたくて、さまざまな肉の組み合わせを試した」と話す。たどり着いたのは骨に牛もも肉を巻いてオーブンで焼き、ゲタカルビと熊本県産のリブロースを巻き付けて七輪(しちりん)で軽く焼くというもの。

 そのほか、肉に添えるシャキシャキした食感の茎わさびや「肉専用ハイボール」など、濃厚な肉料理に合わせたさっぱりする食材やドリンクにもこだわる。

 丸茂さんは「マンガ肉にかぶりついて写真を撮るなど、ただ食べるだけではなく楽しんでもらいたい。おいしいだけの店ではなく、みんなが笑顔になる店を目指す」と意気込む。「来てくれる人の声を聞いてメニューに反映していく」とも。

 主なメニューは「THE・マンガ肉」(2,480円)、「骨付き黒豚の特製マスタードソース仕立て」(1,780円)、「炭火焼き骨付きショートリブ」(1,980円)、「ゴロゴロ野菜の生ハムサラダバーニャカウダ」(880円)など。ドリンクは「肉専用ハイボール」(480円~)、ワイン(グラス=480円、ボトル=2,000円~)など。

 営業時間は17時~23時。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング