浅草の老舗料亭が「お座敷かふぇ」 -お座敷遊びを気軽に体験

芸者と気軽に接することができる

芸者と気軽に接することができる

  •  
  •  

 浅草の料亭「都鳥」(台東区浅草3、TEL 03-3874-2175)で6月21日、「浅草花柳(かりゅう)界お座敷かふぇ」が行われる。

 「芸者という言葉や存在は知っていても、実際に会った事も無ければ、どんな存在なのかも分からない」「何となく芸者さんや料亭に興味はあるものの敷居が高い」という声に応えるため企画された同イベント。今回で2回目を迎える。芸者衆の踊りやお座敷遊びが体験できるほか、芸者と歓談時間も設け、気軽に花柳界に触れられる。

[広告]

 花柳界の「花柳」は中国から入ってきた言葉で、遊女などがいる地域を「柳港花街」「花街柳港」を略して「花柳」と言ったもの。その略語が日本に広まり、芸者や遊女の世界を「花柳界」と呼ぶようになった。江戸時代に戦前には東京23区のうち21区に花街(かがい)と呼ばれる芸妓(げいぎ)屋があったが、現在では限られた地域のみ存在する。浅草はその一つで、今日の花柳界をつくったといわれる。

 開催時間は14時~15時、16時~17時。料金は5,000円。各回20人。

  • はてなブックマークに追加