天気予報

18

14

みん経トピックス

浅草に洞窟のような日本酒店浅草橋に猫クリエーター集結

浅草の老舗乾物店がリニューアル 物販スペース拡張、カフェ併設も

浅草の老舗乾物店がリニューアル 物販スペース拡張、カフェ併設も

社長の蔀浩之さん(右から2番目)とスタッフ

写真を拡大 地図を拡大

 浅草通りにある乾物店「伝統の味 萬藤」(台東区西浅草1、TEL 03-3842-2316)が6月30日、「カフェ マントウ」を併設してリニューアルオープンした。

山盛りのかき氷に抹茶と小豆がたっぷり

 卸業の倉庫を改装した同店。時代の流れによる変化に加え数年前、店舗に面した車道に自転車専用レーンが完成し、トラックが出入りしづらくなったことがきっかけになったという。広さ約100平方メートルの店内にカフェスペース全23席を設置、物販スペースも拡張した。

 「かっぱ橋の近くで休憩できる場所を作りたくて、カフェを併設した」という社長の蔀浩之さん。店内中央には倉庫時代に活躍した荷物運搬用クレーンが鎮座。付近には昭和時代に同店を取り上げた新聞記事を展示し、創業から104年を迎える同社の歴史をアピールする。

 カフェではかき氷やあんみつ、豆かんなど和の甘味を提供。卸問屋ならではの素材を使い、毎日手作りで仕込むという。物販は豆・海藻・麩(ふ)・ゴマ・葛切粉・麺類など和素材を中心に、イタリアン・フレンチ・中華素材・調味料・洋菓子材料など全国から集めた約800品のほか、同店のプライベートブランド商品も取り扱う。カフェ利用客が物販商品の購入や、物販スペースの客がカフェに立ち寄るなど相乗効果も見られるという。

 蔀さんは「山形県産の餅を使った雑煮など新メニューも構想中」と冬季を見据える。「今後はかっぱ橋の新名所として注目されるようになりたい」とも。

 主なカフェメニューは、あんみつスペシャル、白玉スペシャル、わらび餅(以上、各648円)、豆かん(540円)、かき氷宇治金時ミルク(864円)、かき氷あんず、かき氷いちごミルク、かき氷マンゴー(以上、各810円)、コーヒー、紅茶(以上345円)など。

 営業時間は10時~18時。水曜・日曜・祝日定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング